次世代事業創造実践

次世代事業創造実践

今後、働き方はますます多様化すると予測されます。その中では学部学科にかかわらず、資本主義のしくみを理解しておくことがとても大切です。理解するには、何よりもまず事業を体験してみることです。すべての企業は何もないところから、新事業を起こし、拡大、成長させてきたものです。その過程やしくみを知ることで、社会の経済活動をより深く、正確に理解することができます。「次世代事業創造実践」では、実践を通じて事業のしくみを体感的に理解していきます。

 

20210819.jpg















令和3年度 次世代事業創造実践
 チラシが完成しました!

 

-参加条件-
徳島大学生協の学賠責に加入していること。
(未加入の学生は加入の程よろしくお願いします。)

-参加申込方法-
参加希望の学生は、件名に「【次世代事業創造実践】参加申込」と記入し、本文に
 ①氏名
 ②所属学部・学科・専攻(もしくはコース)・学年
 ③学生番号
 ④メールアドレス
 ⑤電話番号
を記載して申し込んでください。

なお、回毎の参加はできませんので、ご了承ください。

申込メールアドレス
info.sangyoin@tokushima-u.ac.jp

【申込み締切】令和3年8月17日(火)

 

挑戦する事

今年度は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ECサイトを用いて出店することにより、事業計画の作成から株主総会の開催といった、実社会での一連の企業活動を体験します。それを通じて、事業を創造し、実践することについての基本的な知識と経験を実践的に習得します。

講師紹介
講師 村口 和孝氏(産業院招聘教授) 
 
2021年度授業計画
事業経営と会社のしくみを学ぼう!

ECサイトの企画・出展を通じて、実社会での一連の企業活動を実践体験します。"Plan Do Check Action"。講師は慶應義塾大学のビジネススクールでも同様のプログラムを提供する村口和孝。実際にスタートアップ(起業)の立上げに数多く関わり、その多くを上場企業へと育ててきた自身の経験を活かして資本主義社会での経済のしくみをわかりやすく教える体験型プログラムです。

 

内容(案)
日程 授業時間 内容
1 8月19日(木) 13:00~16:00 イントロダクション、講義、チームビルディング、個人ワーク
2 8月20日(金) 13:00~16:00 講義・グループワーク ※銀行口座の開設・ECサイトの選定
3 8月26日(木) 13:00~16:00 講義・グループワーク
4 8月27日(金) 13:00~16:00 講義・グループワーク
5 9月3日(金) 13:00~15:00 事業計画発表1とフィードバック
6 9月9日(木) 13:00~16:00 事業計画発表2/投資決定/関連法規/グループワーク
7 9月10日(金) 13:00~16:00 グループワーク
8 9月17日(金) 13:00~15:00 講義/プロダクトサービスの試作・ECサイトの構築の状況確認
~プロダクト・サービス/ECサイトの構築機関~
9 10月1日(金) 18:00~19:30 プロダクトサービスの完成/ECリリース報告
10 10月15日(金) 18:00~19:30 販売状況のフィードバックと対策
11 10月29日(金) 18:00~19:30 ECクローズ/講義・グループワーク
12 11月5日(金) 18:00~19:30 グループワーク
13 11月12日(金) 18:00~19:30 株主総会の開催・事業報告等/納税と使用用途の決定/記事作成
14 11月19日(金) 18:00~19:30 起業新聞の発表/総評と修了証授与

 

授業内容と授業風景(2020年度)

今年度は、新型コロナ感 染拡大防止対策のため、ECサイトを用いて企画・出展に変更。授業はweb+対面の授業となりました。

 

 

[設立会社と事業内容]

クリックすると各チームの起業新聞が閲覧可能です。

・株式会社阿波あわ:入浴剤キットの販売
・株式会社Candi:木工おもちゃ
・株式会社C-savon:石鹸キットの販売
・株式会社VEP:野菜の販売

 

講義を実践し活躍する先輩たち

2019年度「とくしま創生アワード」
において 「World Resort」
の事業提案で学生賞受賞
伊藤夏美さんのコメント「起業を知ろう」、「次世代事業創造実践」の受講生

上手くいったこと、上手くいかなかったこと、どちらからも様々なことを考えさせられ、多くのことを学ぶことができました。ビジネスでは、経験して初めてわかることがたくさんあり、正解がないこの世界では、そういった経験の積み重ねが大切になると思います。この授業では、自らの経験を通してビジネスを学ぶことができ、とても良い経験になりました。

 

▶ 昨年の様子